おもちゃの入れ替えのタイミング

おもちゃの入れ替えのタイミング おもちゃの数は、何もしないと、どんどん増えていきますよね? それで、すぐ出して遊べるおもちゃの数を制限する 入れ替え(または処分)のタイミングというのが必要になります。 おもちゃの数は、使いたい時にすぐに取り出せて 時間をかけずに片付けられる数が目安です。 すぐに取り出せる場所に、おもちゃを入れるスペースを決めておいて、 今使うおもちゃは、そこに収まるだけと決めておくのもいいかもしれません。 赤ちゃんなど、成長の過程が著しい時ほど、こまめにやっていく必要があるかもしれません。 小学生の高学年や、中学生・高校生にもなると、おもちゃで遊ぶ時間が幼児期より減ってくるので、 以下のような大きい節目ごとに整理するといいかもしれません。 ・小学生になる時学年が変わる時中学生になる時高校生になる時 新しい学年になる前だと、 気持ちの切り替えがつきやすく、 あまり悩まないでおもちゃの入れ替え(処分)ができるかもしれません。 親と相談しながらでも もう使わないおもちゃは、 できるだけ、処分をするようにしましょう。 懐かしいから・・・いつか使うかも・・・ とか言っていると、どんどん増えていくだけです。 どうしても処分できない、大切な思い出のおもちゃなどは、 別の場所に、まとめて、 それとわかるような形で保管するようにしましょう。 一番いいのは、新しいおもちゃが増えたとき、同じ数だけ入れ替え(処分)することです。 その時期の子供の成長に合った(ちょっとだけ上の段階の)おもちゃが数個あればいいと思います。 赤ちゃんでない限り、自分で出して片付けることができる数のおもちゃを お母さんも、一緒に管理してあげましょう。

 

スポンサードリンク

 

 

最近の投稿

最近のコメント