Q.子どもへのおもちゃの与え方で注意すべきこと

● Q.子どもへのおもちゃの与え方で プラスチックのおもちゃは与えない 電池で動くおもちゃを与えないということ以外で 注意すべきことがありますか? ● A 家の中にある全てのものがおもちゃになります。 触ってほしくないものは、子供の手に届かないところに置いておきましょう。 触れることができるものは、すべて おもちゃになります。 欲しいおもちゃがあれば、まず、手作りするのもいいでしょう。 材料は、空き箱など、リサイクルできるものや、拾ってきた木などをヤスリで磨いたりします。 子供が小さい時は、親が作るところを見せてあげましょう。 3才すぎれば、自分でも、いろいろと試行錯誤して 作ることができるようになります。 作る順序も大切です。 失敗したら、 次回は、違う順序でやってみるなど、思考力も育ちます。 親子で作ることでスキンシップを取ることができるし、 完成したときの達成感も味わえるし、作ったものへの愛情も生まれます。、 子供が小さい頃は、手荒く扱っても壊れないおもちゃを選びましょう。 大切に使うというのは、小さいこどもにとっては、 ぼろぼろになっても最後まで使うということでもあります。 壊れたから捨てるというのではなく、自分で修理できて、 いつまでも使えるおもちゃを選びましょう。 それには、木や布でできたおもちゃが最適です。

 

スポンサードリンク

 

 

最近の投稿

最近のコメント