3歳までの情緒教育の重要性

「情緒」とは「知育」では得ることができないものです。 魅力的な人生を送るために必要な力、これが「情緒」なのです。 美しいものを美しいと感じたり、 嬉しいことを心のそこから喜んだり 物事の変化に対して、喜怒哀楽を素直に表現できる力です。 3歳までに、たくさん遊んで、しっかり「情緒」を育ててください。 テレビやビデオを見ているだけでは、情緒は育ちません。 変化のあるおもちゃや、一緒に遊ぶ相手に対して、その変化に、 喜怒哀楽を示し、 「情緒」が育つのです。 心の奥底で喜怒哀楽を感じとれる、魅力的な人に育って欲しいものです。 そして、3歳までにしつけて欲しいことは、 「自分のおもちゃを人に貸すことができる」事です。 人におもちゃを貸してあげ、相手の喜ぶ顔をみて、 「よかった。」と、人の喜びを自分の喜びに変えることができるという事こそ、 豊かな心を持った魅力のある人間に育った証拠です。 それは、3歳までに、人と遊ぶという経験をいかに多くするかどうか にかかっています。

 

スポンサードリンク

 

 

最近の投稿

最近のコメント