おもちゃの量の「不足感」が子供を成長させる。

おもちゃの与え方には、十分注意しましょう。 どういうものを与えるかも重要ですが、 どういうふうに与えるかも非常に重要です。 おもちゃは、一度に多く与えないようにしましょう。 一度に多く与えすぎると、気が散って、1つのおもちゃで集中して 遊べなくなります。 集中して遊べないということは、忍耐力、思考力、想像力なども、 育ちにくくなります。 そして、モノへの執着心も薄れ、新しいものを与えても、飽きやすくなってきます。 これは、赤ちゃんだけではなく、子供全般にいえます。 子供が欲しがるからといって、何でもすぐ買い与えるのは考えものです。 最近のキレやすい子供も、やはり、集中力が乏しく、 飽きやすいといわれています。 人間は、「不足」を感じることで欲求が生まれます。 そして、その欲求を「不足」の状態の中で うまくコントロールしていき、 そこから、新しい知恵が生まれ、成長していきます。 おもちゃの与えすぎには充分注意しましょう。

 

スポンサードリンク

 

 

最近の投稿

最近のコメント