おもちゃはコミュニケーションの道具

赤ちゃんや子供と遊ぶときは、おもちゃがあった方が 話しかけやすいですよね。 ガラガラ1つ例にとっても、 「あれ?どこかで音がするね。」 「音が小さくなったね。」 「あっ、大きくなったー。」 「あっ、見えたね。」 「赤いお花がついてるね。キレイね。」 など、どれだけでも、お話が膨らみます。 お友達と一緒にいるときでも、 まだお話ができなくても、 おもちゃがあれば、ごっこあそびなど、 社会性のある遊びを展開できます。 お話ができればなおさらです。 積み木遊びなど、協力しあって遊べば、 コミュニケーション能力も高まります。 たとえ一人で遊んでいても、テレビやビデオだったら、 一方的な情報の押し付けになり、 コミュニケーションは成立しませんが、 おもちゃがあると、赤ちゃんや子供から、 おもちゃに対して、自分の意思で働きかけます。 そこには、りっぱなコミュニケーションが成立します。 こどものコミュニケーション能力の発達には、おもちゃはかかせないものですね。

 

スポンサードリンク

 

 

最近の投稿

最近のコメント