子供の成長に合ったおもちゃの与え方

子供の健全な身心の発育には不可欠なおもちゃの与え方 赤ちゃんや子供におもちゃを与えるとき、 どういう事に気をつければいいでしょうか? ・環境を整えましょう。 玩具と玩具を結びつけながら、想像力が働いていきます。 つまり、玩具と玩具を組み合わせて遊ぶ中で、その関係性を感じ取り、想像力が増していくのです。 なので、その想像力を満たすだけの関連性のある玩具がある必要があるのです。 ・見守りましょう。 創造的な遊びをしているときは、親切だと思って細かく指示を与えるようなことは控えましょう。 子供の自発性が芽生えてきている芽を摘み取ることになります。 口出しはせず、ただ、見守ってあげましょう。 ・一緒に楽しみましょう。 玩具の中にも学習的要素を兼ね備えたものがありますよね? つい、その効果を期待して、教え込もうとしがちですが、それは、逆効果になります。 教え込もうとすると、満足しませんし、そのうち興味を示さなくなる可能性があります。 学習的効果を望むのであれば、一緒に楽しく遊ぶことです。 親が楽しく遊んでいる姿を見ると、子供も、その玩具の持つ価値が、自ずとわかってくるでしょう。 積み木やブロックなどは、一緒に遊ぶのには最適だと思います。 また、子供は、親と一緒に遊ぶことが大好きです。 親と楽しく遊ぶことで喜びを感じた子供は、やがて、一人でも遊ぶようになるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

 

最近の投稿

最近のコメント