11~12ヶ月の赤ちゃんの発育・発達

■11ヶ月ころの赤ちゃんの成長

ハイハイのスピードがかなり速くなります。
ハイハイしながらボールを追っかけたり、車を押したりして遊ぶようになります。
伝い歩きもかなり上達し、ものからものへと伝ってどこまでも行ってしまいます。
両腕の力もかなり強くなり、階段をハイハイで登ったり、椅子の上に這い上ろうとしたりします。

ますます赤ちゃんから目が離せなくなります。

赤ちゃんの中には、意味を持って「マンマ」などと話す赤ちゃんもいますが、
多くの赤ちゃんは、まだ、意味のある言葉は出ていません。
しかし、インプットをいっぱいしてきていますので、言葉を理解する能力はかなりついてきています。


■12ヶ月ころの赤ちゃんの成長

「ママ」「パパ」「ンマンマ」「ブーブー」など、意味のあることばを1つや2つ言えるようになります。

中には、2歳くらいまであまり言葉を発しない子もいるようですが、聞いて理解することは、ちゃんとできているようです。
2,3歩歩く子もいるようですが、歩ける子はまだ少ないようです。1歳半までには、ほとんどの子が歩けるようになっているようです。

■その他の11~12ヶ月ころの赤ちゃんの成長

手や指をもっと上手に器用に動かせるようになり、ふたの開け閉めができるようになったり、
ものを摘んだり、出し入れできるようになります。
積み木は、2つくらいは積めるようになります。

●かかわり方

赤ちゃんと「ままごとごっこ」をして遊びましょう。
このころになると、ママが「ちょうだい」というと、持っているものを渡せるようになり、このやりとり自体を楽しむようになってきます。
「ままごとごっこ」で、赤ちゃんがお皿を渡してくれたら「ありがとう」と頭をさげながら言うと、赤ちゃんは喜びします。あと「いただきます」「パクパク」「モグモグ」「ごちそうさまでした」「はいどうぞ」など、いろんな言葉で話しかけながら遊びましょう。

外遊びをすると、いろいろなものを見たり聞いたり触ったりするので、
五感を刺激し、五感が発達します。
1日に1~2時間くらい、お外で過ごせる時間を作ってあげましょう。

何でもマネをし始めます。
歯磨きしたり、電話をかけたり、ブラシで髪をとかしたり、お化粧したり、身近な人のやることを観察していて、マネをするようになります。
手遊び歌などで遊んでやると、マネをするようになります。
るようになると自分の意思で動くことができ、行動範囲が広がる
・小さなものをつまむ細かい作業も可能になる 動くおもちゃ、容器にものを入れるなど2つのものの関係を理解した遊びのおもちゃ ボール、くるくるチャイム、布の絵本

積み木を積んだり壊したりして遊びましょう。

●おもちゃ(玩具)

摘む、入れる、並べる、など、いろいろ遊べる木のおもちゃ
キーボックス 掴みやすい○△□のパーツと大好きなカギの開け閉めができる

 

スポンサードリンク

 

 

最近の投稿

最近のコメント