「良く遊ぶ積木」の選び方

良く遊ぶ積木」の選び方

「<strong>遊ばなくなる積み木</strong>」があるのをご存知でしたか?

「積み木はいいと聞いて購入したけど、あまり遊ばない」
という話をよく聞きます。

これは、「遊ばなくなる積み木」を与えている可能性が大きいです。

ちゃんと、「よく遊ぶ積み木」を与えていれば、遊ばないということはないと思います。

積み木はすばらしい玩具で、積み木と遊ぶことにおいて、
思考力、想像力、表現力、集中力、創造性、協調性等が育まれます。

対象年齢も、0才の赤ちゃんから小学生まで、幅広い年齢層で使用できます。

また、積み木で遊ぶことによって、以下のような、身体能力も高めてくれるので、
本当に素晴らしい玩具だと思います。

●手荒く扱えば崩れるので、遊びながら手加減を覚える。
●積み木が崩れた時に体に当たると痛いので、反射的に避けるという動作が自然に身に付く。

■「よく遊ぶ積み木」の選び方

・白木でできている。

・木目が細かい。

・面取りしていない。

・長さの基本となるサイズが統一されている。
(立方体の1辺が、4~4.5㎝が望ましい)

・大人の背の高さくらいまで積み上げられる大きさのもの。

・最初の購入時は、子供の意見は聞かない。

■「よく遊ぶ積み木」の与え方

・立方体と直方体から与え始める。(他の形は、あっても出さない)

・かなりの数を用意する。(2才以上・・100個X年齢)

・目立つ場所に ふたをしないで置いておく。

 

■ 積み木の遊び方

・大人は、アドバイスなどせずに一緒に遊ぶ。

・遊び方が記載してあるものは、子供には見せない。

 

スポンサードリンク

 

 

最近の投稿

最近のコメント