おもちゃに関しての失敗談

実際 子供さんを育ててきた経験から、
おもちゃに関して失敗したこと
こうすればよかったなどの反省点など、集めてみました。

以下のようなことが起こるのは、やはり、正しいおもちゃの選び方を知らなかったり
子供さんとおもちゃで一緒に遊ぶ、正しい遊び方の知識が乏しかったからだと思います。

こういうことで悩まれないようにと、このサイトを立ち上げました。
あちこち読んでいただくと、、いろんなヒントがみつかることと思います。

 

・大きくなると、おもちゃを投げたり壊したりするので、どういうおもちゃを与えたらいいかわからない。

・知育玩具を購入したが、子供は、付録や、壊れやすいものに興味を持ってしまう。

・おもちゃ売り場では気に入って勝手帰ったのに、すぐあきてしまったのがいくつもある。

・赤ちゃんもすぐに飽きるとは知らなかった。出産前にいただいたものや、出産後に買ったものなど、一度に与えてしまわなければよかった。

・おもちゃを購入の際、実際手にとって確認したり、パッケージに書かれている対象年齢を参考にして購入していたが、使わないものがある。

・木のおもちゃは高価なわりに、子供が男の子のせいもあって車に興味がいって、木のおもちゃでは遊ばなかった。
・木のおもちゃがいいとよくいわれていて、実際とてもかわいいのですが、重たくて、危ないものもあった。

・プラスティック製の音がするおもちゃは、音が大きくうるさくて、失敗したと思った。木製のおもちゃは、音がうるさくないので、最初から木製のにすればよかった。

・音が出るおもちゃは、音が大きすぎるものが多い。ボリュームの調節ができるものでも、まだ大きい。もっと小さい音にして欲しい。

・こどもが口に入れて遊んでいて、口からダラーっと色のついた唾液が出てびっくり。色落ちするおもちゃがあるのは知っていたが、ここまでひどいとは思わなかった。

 

スポンサードリンク

 

 

最近の投稿

最近のコメント