子供にとって「遊び」とは?

子供にとって「遊び」とは?

体が食べ物から栄養を吸収して成長していくのと同じように
子供は、遊びの中から知識の栄養を吸収して成長していきます。

子供にとって、(大人にも当てはまることですが)、

身心のバランスのとれた成長には、「遊び」は不可欠なモノなのです。

楽しいと感じた時が一番物事を効率良く吸収できます。

人間の脳波の中には、アルファー波というのがあって、

このアルファー波が出ているときが、学習していることを
一番吸収しやすくなります。

では、どういう時に、このアルファー波が出るのでしょうか?

アルファー波が出る時というのは、

心がとても安らいでいて、心から楽しいと感じているときなのです。

何か、自分の好きなことに没頭しているときなども出やすいでしょうね。

なので、子供が楽しく遊んでいるときは、多分アルファー波は出ているでしょう。

子供は、遊びの中で、思考力、想像力、判断力、集中力など、あらゆる能力を身に付けていきます。

そして、新しく体験し学んだ事は、「知識の栄養」として吸収されていきます。

なので、遊びの中で得ることのできるいろんな「栄養」は、非常に効率良く身につき、身心の成長の糧となるのです。

子供は、おもちゃがなくても、あらゆる物を使って、遊びを創りだして遊んだりするのが得意です。

こいう子供たちですから、子供の年齢や発達に合った よいおもちゃを与えてあげることで、
より質の高い遊びをし、よりよい成長を促すことでしょう。

また、子供同士でおもちゃで遊びながら、コミュニケーションを取る中で、思いやりの心も育ちますし、社会のルールも身に付いていくので、いいことずくめです。

つまり、おもちゃは、子供の正しい発達において、大切な役割を担っているといえます。

 

スポンサードリンク

 

 

最近の投稿

最近のコメント