「グッド・トイ」とは?

「グッド・トイ」と その基準とは?

NPO法人日本グッド・トイ委員会(1985年設立)が、
市場で販売されているおもちゃの中から、優秀なおもちゃとして選んだものを「グッド・トイ」といいます。

「グッド・トイ」とは、子供だけにかぎらず、おとなの「遊び力」をも引き出してくれおもちゃです。

日本グッド・トイ委員会が提唱している「遊び力」とは、
見る力、聞く力、感じる力、コミュニケーションする力、夢見る力です。

子供は(おとなまで含め)、遊びの中で、いろんな力を育み、それが生きる力となっていきます。

その手助けをするのがおもちゃです。

■「グッド・トイ」選考基準とは?

「グッド・トイ」を選考するには、やはり、選考される方のたしかな目が重要視されているようですが、
おもちゃを見る視点として、3つの方針と6つのポイントがあるようです。

●3つの方向性とは

1. 健全なおもちゃであること。
安全性への配慮がなされているもの。
暴力行為や他を傷つける行為を連想させないもの。
遊び内容が暴力的でないもの。

2. ロングセラーになりえるおもちゃであること。
一時期の流行ではなく、ロングセラーのおもちゃの可能性があるもの。

3. 遊び・コミュニケーションを尊重視したおもちゃであること。
知育、早期教育、ユニバーサルな遊びとコミュニケーションが尊重されています。

●6つのポイントとは

・ 心地よい音がする。
・ 早過ぎないスピードで、動きのバリエーションがある。
・ 感触のよさ
・ 握ったり投げたり持ち上げたりするのに適度な大きさと重さがあること。
・ 色彩感覚を美的感覚がやしなえる美しい色と形であること。
・ 丈夫で壊れにくい安全なものであること。

その他には、修理しやすいものであることも、おもちゃ選びの条件に加えておこといいと思います。

たいせつな子供たちの身心の健全な成長のために
いいおもちゃを与えて、一緒に遊んであげたいものです。

 

スポンサードリンク

 

 

最近の投稿

最近のコメント